「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 下」スティーグ・ラーソン

2010.02.26 Friday | by 管理人
 「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 下」スティーグ・ラーソン
473p早川書房

重大な秘密を守るため、暗躍する闇の組織。リスベットと仲間たちの最後の闘いが始まる。

三部作は 一気に読むべし。
それぞれは完結しているが、続いているから。
面白かった。

北欧の地理関係も よくわかったわ。

●今まで読んだ北欧の本
「夜の鳥」トールモー ハウゲン(ノルウェー)
「世界の果てのビートルズ」 ミカエル・ニエミ(スウェーデン)

 

「ミレニアム2 下 火と戯れる女」スティーグ・ラーソン

2009.12.15 Tuesday | by 管理人
 「ミレニアム2 下 火と戯れる女」スティーグ・ラーソン
452p早川書房

襲撃者たちを 撃退したものの、連続殺人の容疑者として指名手配されてしまったリスベット。


さらに、続きが 気になる。

 

「ミレニアム2 上 火と戯れる女」スティーグ・ラーソン

2009.12.15 Tuesday | by 管理人
 「ミレニアム2 上 火と戯れる女」スティーグ・ラーソン
462p早川書房

女性調査員のリスベットが 姿を消しているときに、ジャーナリストのミカエルは、人身売買・強制売春を告発した本の出版に 手を貸すことになった。


リスベットが中心なのがうれしかったけれど、事件に巻き込まれていくので ハラハラ。
どうなるのか 気になって、しかたない。

 

「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下」スティーグ・ラーソン

2009.09.07 Monday | by 管理人
「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下」スティーグ・ラーソン
440p早川書房

ミカエルは ハリエット失踪事件に関する膨大な資料を検証。


いよいよ事件が 動き出す。
動き出したらとまらない?
上より テンポが速く面白い。
書いてるのは二人?

ダラダラしてる箇所とサクサク読める箇所とあるんですけど。
やっぱり2も 読みたいです。

 

「 ミレニアム 1上 ドラゴン・タトゥーの女 上 」スティーグ・ラーソン

2009.08.27 Thursday | by 管理人
「 ミレニアム 1上 ドラゴン・タトゥーの女 上 」スティーグ・ラーソン
384p早川書房

月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、暴露記事から、名誉毀損で有罪になり、やめることに。
彼の調査力に、40年前に失踪した事件の調査の依頼がくる。


めっちゃ 読みにくい。
後半やっと面白くなりそうな…。

 

「ギュスターヴ・モロー―夢を編む画家」ジュヌヴィエーヴ ラカンブル

2007.05.28 Monday | by 管理人

「ギュスターヴ・モロー―夢を編む画家」ジュヌヴィエーヴ ラカンブル
157p 創元社

目次
第1章 駆け出し時代
第2章 イタリア留学(1857~1859年)
第3章 歴史画の再生をめざして
第4章 象徴主義の勝利
第5章 未来へのメッセージ
資料
.皀蹇爾慮斥
▲皀蹇爾畔験惻埣
H禀床箸肇皀蹇
ぅ皀蹇爾目差したもの

若い画家たちを育てたギュスターヴ・モロー。
彼の生涯はどんなものだったのか、多くの絵が カラーで入っている、モローの解説書。


画家が 画家に与える影響は わかるのだが、彼が、文学者たちに 大きな影響を 与えたというのを 知らなかった。プルーストの名前が 最初に出てきてびっくり。
それから 美術学校で 教えていたということも。
ルオーが 書いた、モローへの言葉が 資料にあったが どんなに すばらしい先生だったかがわかる。
これが 読めただけで十分だ。

二年ほど前 兵庫県立美術館であった、モロー展に 行って 多くの絵と習作を見ることが出来た。まるで絵の描き方を 教えるようだと感じたが、なるほど 実際に 教えていたのかと 妙に 納得した。

「プラダを着た悪魔」ローレン・ワイズバーガー

2007.01.26 Friday | by 管理人

「プラダを着た悪魔」ローレン・ワイズバーガー
492p早川書房

アンドレア・サックスは、運よく 新卒ですぐに雑誌社に入れた。そこは ファッション誌《ランウェイ》だ。先輩によれば「何百万という若い女性の憧れの仕事」らしい。なんといっても、ファッション業界でもっとも影響力を持ち、世界一才能ある編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタントになったのだ。


ウウ 疲れた。
私まで ミランダに 振り回された気分。
でもこういうのって どこの世界にでも 大なり小なり存在するよね。
面白かったなぁ。
きっと 映画も面白いんだろうな。

Others
Sponsored links
最近読んだ本
 最近読んだ本
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM