「上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部」高殿円

2014.06.04 Wednesday | by 管理人
「上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部」高殿円
374p光文社
お客様からのあらゆる要望に応える百貨店の外商部に、バイトからのたたき上げである鮫島静緒が配属された。
洋菓子部門などで成果を出してきた彼女だが、これまでとは違う世界に戸惑う。


外商なんて一生縁がないわ。
だいたい 外商っていうのは、会社が 使うってことくらいと そういうVIPな方は、デパートに 運転手付きのベンツで 乗り付け、違う入り口から入るらしい という事を 聞いてたけど…。
お屋敷に もってきてくれるのね。

「やがて、警官は微睡る」日明恩

2014.05.20 Tuesday | by 管理人
「やがて、警官は微睡る」日明恩
456p双葉社

横浜みなとみらいに新規オープンしたホテル、ハーヴェイ・ インターナショナル横浜で立て篭もり事件が発生した。犯人は謎の多国籍グループ。20階のVIPフロアを急襲し、「取引」をしていた客たちにある要求を突 きつける。周辺の携帯基地局も爆破され、異常な事件の連続に大混乱に陥る警察。
武本&潮崎シリーズ 第3弾



一気読み。面白かった。
ドラマのSPみたいな展開。
続きがありそうな終わり方、見合いの結果とか、犯人の行方とか 気になる。

「北条早雲 - 青雲飛翔篇」富樫倫太郎

2014.03.01 Saturday | by 管理人
「北条早雲 - 青雲飛翔篇」富樫倫太郎
449p中央公論新社

伊勢新九郎(後の北条早雲)は、叔父との養子縁組のため備 中荏原郷から都へ向かう。そこで見た極楽と地獄が同居しているような光景に、「都には魔物が棲んでいる」と恐れる新九郎。室町幕府の役人となり、ある役目 を果たすため向かった駿河では、名将・太田道灌と出会う。「戦を好まぬ」という生ける伝説の姿を知り、新九郎は己の生き方を悟る―。

面白かった。続きが 気になる 一作でした。

「サクラ咲く」辻村 深月

2013.10.10 Thursday | by 管理人
「サクラ咲く」辻村 深月
266p光文社

目次
約束の場所、約束の時間
サクラ咲く
世界で一番美しい宝石

若美谷中学1年5組の塚原マチは、自分の意見を主張できない、頼み事を断れない、そんな性格を直したいと思っている。ある日、図書室で本をめくっていると、一枚の紙が滑り落ちた。そこには、丁寧な文字で『サクラチル』と書かれていた。

短編連作


言われるまで連作って気が付かなかった。
ああ、ちょっとずつかぶってるんだ。
こういうお話も書くんだね。

「たまさか人形堂それから」津原 泰水

2013.08.11 Sunday | by 管理人
 「たまさか人形堂それから」津原 泰水
219p文藝春秋

目次
香山リカと申します
髪が伸びる
小田巻姫
ピロシキ日和
雲を越えて

OLをリストラされたことをきっかけに、祖父母から譲り受けた「玉阪人形堂」店主となった澪。人形制作に関しては素人の澪だったが、押しかけアルバイトの 人形マニア・冨永と、高い技量を持つ訳あり職人・師村の助けもあって、人形堂はそこそこにぎわいを見せていた。一時店はは閉店の危機に見舞われたが、資産 家の坊(ぼん)でもあった富永が共同経営者の立場に立つことで、その危機は去った――。今日もこの小さな店には人形に関する様々な難題が持ち込まれる。


人形作りが 趣味だった私にとって、木目込み人形なんて、キットだし、そんなに 難しい人形だなんて 思わなかった。
そこに ちょっとびっくり。
いずれにしても人形の話は好きだな。
久々に人形関連の本を読んだ気分。


●人形関連
「呪い人形」 望月 諒子
「三日月少年漂流記」長野まゆみ
「コッペリア」加納朋子
「からくりからくさ」梨木香歩
「りかさん」梨木香歩
「人形の部屋 」門井 慶喜
「たまさか人形堂物語」津原 泰水

「あやつられ文楽鑑賞」三浦しをん
「とうざい」田牧 大和

「枯骨の恋」岡部えつ

写真集
「MUTTONI cafe ムットーニ・カフェ」武藤 政彦
「Katan doll 」天野 可淡
「Anatomic doll 」吉田良一(吉田良)

「しょうがない人」平 安寿子

2013.03.16 Saturday | by 管理人
 「しょうがない人」平 安寿子
269p 中央公論新社

ネットショップ「スマイル・スマイル」のパート従業員・河埜日向子は、夫と中学生の娘がいる43歳の主婦。社長にして親友の渚左や、パート仲間と盛り上がる話題は、今まで出会った「しょうがない人」たち。

しょうがない人たち でもない気がする。
現実は、もっと厳しいかも。
登場人物は、悩みを抱えてはいるが、結構余裕のある人々。
あんまりシビアに描くと面白くないもんね。

面白かったので 一気読み。

「機龍警察」月村 了衛

2013.03.05 Tuesday | by 管理人
 「機龍警察」月村 了衛
351p早川書房

大量破壊兵器の衰退に伴い台頭した近接戦闘兵器体系・機甲兵装。『龍機兵』と呼ばれる新型機を導入した警視庁特捜部は、その搭乗要員として姿俊之ら3人の 傭兵と契約した。閉鎖的な警察組織内に大きな軋轢をもたらした彼らは、密造機甲兵装による立て篭もり事件の現場で、SATと激しく対立する。

アニメか、映像だともっと楽しめたかも。

「ウィンディ・ガール サキソフォンに棲む狐I 」田中 啓文

2013.01.09 Wednesday | by 管理人
「ウィンディ・ガール サキソフォンに棲む狐I 」田中 啓文
333p光文社


目次
ブラックバード
ミッドナイト
フェイヴァリット
オーニソロジー

永見典子は須賀瀬高校一年生。吹奏楽部でアルトサックスを吹いている。父・光太郎は二年前に新宿で不審な死を遂げ、母の瑤子と二人暮らしだ。彼女の行動に異常に口出しする母に、反発する典子。そんな典子の秘密の親友は、彼女のサックスに棲みつくクダギツネのチコだ。


ええええ!そんなぁ〜!ここで 続いちゃうの?   でした。


「オーダーメイド殺人クラブ」辻村 深月

2012.01.04 Wednesday | by 管理人
  「オーダーメイド殺人クラブ」辻村 深月
346p集英社

親の無理解、友人との関係に閉塞感を抱く「リア充」少女の小林アン。普通の中学生とは違う「特別な存在」となるために、同級生の「昆虫系」男子、徳川に自分が被害者となる殺人事件を依頼する。

中二だから いいんだなぁ。
大人でもなく 子供でもない。
これが 高校生や大学生だと、なんかいやらしくなりそうだし、アンバランスな感じが ちょうどいい。
夢の世界だ。

「謙信の軍配者」富樫 倫太郎

2011.11.28 Monday | by 管理人
 「謙信の軍配者」富樫 倫太郎
457p中央公論新社

曾我冬之助は新たに宇佐美姓を名乗り、若き長尾景虎(上杉謙信)の軍配者となる。しかし実際に戦況を支配していたのは「毘沙門天の化身」景虎その人だっ た。常識外れの発想で勝ち続ける天才・景虎に、足利学校の兵法は通用するのか?冬之助の旧友・山本勘助が率いる武田軍との攻防が続く。



軍配者よりも、武田〜上杉の戦い方に 興味が。

Others
Sponsored links
最近読んだ本
 最近読んだ本
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM