<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2015/8 | main | 2015/10 >>
2015年9月の読書メーター
2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:6868ページ
ナイス数:424ナイス

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐感想
上下で 時間が空くと、最初の感動が 下がっちゃう気が する。一気読みしなきゃなぁ。何しろ 漢字の読み方が、不安になるのよ。あんまり関係ないところ(読み方)で 足引っ張られてる感じ。どうなるのか心配だったが、うまい終わり方だった。
読了日:9月3日 著者:上橋菜穂子
捏造の科学者 STAP細胞事件捏造の科学者 STAP細胞事件感想
『STAPあるある詐欺』というのに 笑ってしまった。実際のところ どうだったのか 結局 わからないまま。息子の大学院時代の話で、実験がへたくそな奴が、失敗して、妙なものができ それで 一気に 論文が 書けたと聞き、生物学の実験て失敗からうまくいくこともあるのかと。小保方さんも そういう人か と思っていた。でもまぁ この人は、かなりいい加減だったのか。それにしても、事の進み方が、最近の五輪の色々なことと 似ている気もする。
読了日:9月4日 著者:須田桃子
あしたの朝子あしたの朝子感想
嫁姑話が 入ってたら、昔のホームドラマになる。時代背景が よくわかるだけに、一気読み。
読了日:9月5日 著者:山口恵以子
仇敵仇敵感想
銀行員だから、腕っぷしは 強くないんだけど、バシバシと 見極めるところが、かっこいいね。でも、大手でないと情報量も少ないんだなぁ。しかも、裏で 再就職まで、邪魔されて…。
読了日:9月6日 著者:池井戸潤
中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇感想
なかなか 女性らしい、うまい解説だったと思う。最後の審判は、結局ネットで検索して、納得。せっかくの解説も、絵が小さすぎて わからないからね。楽しめました。
読了日:9月8日 著者:中野京子
暮らし上手の献立帖 (エイムック 2538)暮らし上手の献立帖 (エイムック 2538)
読了日:9月9日 著者:
このレシピがすごい! (扶桑社新書)このレシピがすごい! (扶桑社新書)感想
面白かった。沢山のレシピ、料理人。ああ、あの人の、あれ…というのがいっぱい。つい メモを とってしまった、これは知らないなぁ〜という元のレシピ本。面白そうな エッセイも メモメモ。 ここに 出てくるレシピは 確かにおいしそうだ。 でも、私からすると、やはり 選ばれたレシピは 男性目線かな。
読了日:9月10日 著者:土屋敦
七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)感想
面白かった。70歳だと あっという間だなぁ、なんて思いながら、読んだ。確かに タイトルが 過激すぎでは あるけれど。
読了日:9月11日 著者:垣谷美雨
私の洋風料理ノート―おそうざいからお菓子まで (fukkan.com)私の洋風料理ノート―おそうざいからお菓子まで (fukkan.com)感想
普通の料理本とは一味違う。読み物としてもわたし好み。料理もちょっと違ってるので作ってみたくなったものがいくつかある。 どうも私は、料理本蒐集っ気があるみたい。読みだしたら 買いたくなった。早速注文しようっと。
読了日:9月12日 著者:佐藤雅子
一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い感想
「百歳は この世の治外法権」っていうのが いいなぁ。ここまで元気に生きてるから 言えるのか、一流の芸術家だから 言えるのか…。とにかく、すごいわ。
読了日:9月12日 著者:篠田桃紅
教団X教団X感想
どこが面白いのかさっぱりわからなかった。私にとっては、時間の無駄。
読了日:9月13日 著者:中村文則
みんなの少年探偵団 (一般書)みんなの少年探偵団 (一般書)感想
アンソロジー?。少年探偵団にまつわる短編集。それぞれに いい味出してる。
読了日:9月16日 著者:万城目学,湊かなえ,小路幸也,向井湘吾,藤谷治
家族という病 (幻冬舎新書)家族という病 (幻冬舎新書)感想
友人から借りた。 下重暁子って こんな人だったんだ とわかる本。 で、結局、何が言いたかった?自分の家族のことを 吐露したかった? ま、家族って 色々な形態が あるってことよね。
読了日:9月19日 著者:下重暁子
その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)感想
ああ、面白かった。どんな どんでん返しなのかと 思って読んだのだけど、想像も つかなかったよ。
読了日:9月19日 著者:ピエールルメートル
決戦!関ヶ原決戦!関ヶ原感想
一人で いろいろな名前を 持ってることで、え〜〜っと、誰だっけかと、あたふた。読み終わるころに やっと、ああ、あの人ねって わかるように。色々な角度で 書いてあるので 面白かった。
読了日:9月21日 著者:葉室麟,冲方丁,伊東潤,上田秀人,天野純希,矢野隆,吉川永青
中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇感想
相変わらず、目の付け所がいいよね。 こういう人が 横にいて、絵画の解説を聞きながら、展覧会とか見ることができたら、最高だよね。
読了日:9月22日 著者:中野京子
日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族感想
また、朝日か、と思っちゃった。以前読んだ、「ハヤト」村上 早人「ヨシアキは戦争で生まれ戦争で死んだ」面高 直子も ノンフィクションで、すさまじい人生で、泣けたが、こちらも、負けず劣らず すごい。
読了日:9月23日 著者:深谷敏雄
ためない暮らしためない暮らし感想
使い切る。何事もですねぇ。頑張ります。^^;
読了日:9月23日 著者:有元葉子
ズボラ人間の料理術 定番レシピズボラ人間の料理術 定番レシピ感想
読み比べたら、こっちの方が面白い。
読了日:9月23日 著者:奥薗壽子
ズボラ人間の料理術 達人レシピズボラ人間の料理術 達人レシピ感想
定番レシピの方が 使えそう。
読了日:9月23日 著者:奥薗寿子
四月は少しつめたくて四月は少しつめたくて感想
なんだか、久しぶりに、詩が読みたくなった。
読了日:9月24日 著者:谷川直子
韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)感想
前から気になっていた シンシアリー。淡々と しかも、冷静な目 或いは公正な目で 書かれている気が する。韓国の考え方が、なかなかよくわかる。なるほどなと 思った。
読了日:9月25日 著者:シンシアリー
韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)感想
韓ドラを 見ていて、障碍者を奴隷のように(誘拐して)働かせるシーンがあり、疑問に思ってたが、ああ そういうことなのかと、腑に落ちた。カラオケ屋でのシーンも そう。当たり前のように 奴隷のように扱うのか、ああいうところで 売春が あるのか。日本の常識を 基準にしては いけないということが よくわかる。韓国との おつきあいは よほど 気を付けないとなぁ。考え方が 違うのだから。
読了日:9月26日 著者:シンシアリー
明日の子供たち明日の子供たち感想
確かに知らない世界だったが、私の想像力の欠如か、物語の中に入り込めなかった。
読了日:9月30日 著者:有川浩

読書メーター
| 読了本 | 10:29 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:29 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://yamabousi81.jugem.jp/trackback/2014
トラックバック