壹萬壹阡壹之本

QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[ - ]
2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1952ページ
ナイス数:316ナイス

はじめての哲学・宗教~センター倫理でびっくりするくらいよくわかる~はじめての哲学・宗教~センター倫理でびっくりするくらいよくわかる~感想
名前も、代表的な著書も知ってるのに、内容を 知らないんだわ。めっちゃ簡単に、解説されているので、へぇそうなのかと わかったつもりになる。特に 現代思想は、名前は聞いたことあるな、それって、そういうことだったのかとか、そんな感じだった。
読了日:12月8日 著者:相澤理
群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2感想
著者・有川浩のつもりで 読んでしまった。何を ぼーっとしてるんだろう。航空自衛隊話だからって そりゃないわな。
読了日:12月13日 著者:福田和代
民主主義という不思議な仕組み (ちくまプリマー新書)民主主義という不思議な仕組み (ちくまプリマー新書)感想
ちくまプリマ―新書って、「初歩読本、入門書」らしい。フリガナふってあるのに、内容が、結構難しい。これ図書館だと、児童書の方なのよね。不勉強でした。参りました。
読了日:12月19日 著者:佐々木毅
14歳の水平線14歳の水平線感想
夏に 読みたかったなぁ。
読了日:12月19日 著者:椰月美智子
探偵の探偵 (講談社文庫)探偵の探偵 (講談社文庫)感想
ドラマの北川景子が なかなかうまい配役だったのだなぁと思った。演技はともかく、紗崎にぴったりよ。
読了日:12月24日 著者:松岡圭祐
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話感想
褒めて 育てるって 難しい。子育て中の親が 読むといいかも。
読了日:12月25日 著者:坪田信貴
探偵の探偵2 (講談社文庫)探偵の探偵2 (講談社文庫)感想
あのテレビドラマは 結構 忠実に 映像化されてたんだなぁ。
読了日:12月25日 著者:松岡圭祐

読書メーター
2016.01.06 Wednesday 18:02 | - | trackbacks(0) | 
<< 2015年11月の読書メーター | main | ◎2016年1月 の読書記録 >>
[ - ]
2019.05.01 Wednesday 18:02 | - | - |