<< 2015年12月の読書メーター | main | 2016年2月の読書 >>

◎2016年1月 の読書記録

2016.02.01 Monday | by 管理人
2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:7097ページ
ナイス数:438ナイス

探偵の探偵3 (講談社文庫)探偵の探偵3 (講談社文庫)感想
なるほど、テレビでは これは、無理だわ。
読了日:1月2日 著者:松岡圭祐
文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)感想
どこを 脚色してるのかは わからないけれど、大した人だというのは 良くわかる。テレビドラマでは これから、どうなるのかな。
読了日:1月4日 著者:古川智映子
書店ガール 4 (PHP文芸文庫)書店ガール 4 (PHP文芸文庫)感想
うーん、残念。理子ちゃんも亜紀ちゃんも ちょっとしか 顔出さないのね。まぁ、これは これで面白いのだけど。
読了日:1月4日 著者:碧野圭
ルパンの娘ルパンの娘感想
面白かった〜。テレビドラマになりそうな設定だわ。
読了日:1月5日 著者:横関大
炎の塔炎の塔感想
一気読み。生きていてほしかった人が いるわ。
読了日:1月6日 著者:五十嵐貴久
ルリユールおじさん (講談社の創作絵本)ルリユールおじさん (講談社の創作絵本)感想
絵本。絵がいいわ。もちろん、お話も…。でも こういう皮表紙の本は 海外の本ね。
読了日:1月6日 著者:いせひでこ
アンタッチャブルアンタッチャブル感想
宮さんと 同じように 翻弄されちゃいました。
読了日:1月7日 著者:馳星周
烏は主を選ばない烏は主を選ばない感想
1作目の単〜よりは 断然 こちらの方が おもしろい。一作目を 我慢して読んだかいが あったけど、こっちを 先に読んで2→1でも よかったかもね。
読了日:1月8日 著者:阿部智里
炎上 警視庁情報分析支援第二室〈裏店〉炎上 警視庁情報分析支援第二室〈裏店〉感想
我孫子警視正のキャラは面白いけど…『消失』以外は もう一つだったわ。
読了日:1月10日 著者:遠藤武文
総理にされた男総理にされた男感想
結構 都合がいいけど、面白かった〜。
読了日:1月10日 著者:中山七里
ぬすみ聞き―運命に耳をすましてぬすみ聞き―運命に耳をすまして感想
リンカーンは、南北戦争で、60万人の戦死者を出した事を忘れてはいけない。
読了日:1月11日 著者:グロリアウィーラン
そうざいサラダそうざいサラダ感想
サラダというよりは、野菜中心の惣菜ってところかな。なかなかでした。買おうかな。
読了日:1月12日 著者:ワタナベマキ
調教部屋 (ハヤカワ・ミステリ文庫)調教部屋 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
どうしてこういう題名にしたのかわからないけれど、これと言って ふさわしい題名は 浮かばないな。とにかく 面白かった。ヘックのシリーズらしいから 次も 読みたい。
読了日:1月14日 著者:ポール・フィンチ
ニュータウンは黄昏れてニュータウンは黄昏れて感想
日本全体が 老化してるからなぁ。建て替えは大変だろうな。なかなか面白かった。
読了日:1月15日 著者:垣谷美雨
わたしをみつけてわたしをみつけて感想
ドラマを見て読んだ。ドラマの師長、鈴木保奈美が そのまま脳内で 活躍。
読了日:1月15日 著者:中脇初枝
旅する絵描き―パリからの手紙旅する絵描き―パリからの手紙感想
絵本『リリュールおじさん』の対になる本のようだ。これは 分類で旅の本なのかなぁ?ウチの図書館では、915.6だよ。エッセイでもないし…まっ、いいか。
読了日:1月16日 著者:伊勢英子
日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた感想
若い年代(24歳)でも 昔の人は違うなと、感心してしまう。考え方もしっかりしているし、すごい。読んでよかった。
読了日:1月17日 著者:嶌信彦
なりたて中学生 初級編なりたて中学生 初級編感想
ああ、こんな時も あったね。すっかり忘れている。あの頃のドキドキ感。テツオたちの続き 読みたい。
読了日:1月20日 著者:ひこ・田中
落英落英感想
やっぱ振込は あかんやろう。どうせなら、ちあきちゃんの銀行に したら 足は つかんかったかもしれん。やっぱ 桐やん、脇が 甘いわ。その点、満井のじいさんは すごいわ。
読了日:1月23日 著者:黒川博行
美しすぎる数学 - 「数楽アート」を生んだ日本の底力 (中公新書ラクレ)美しすぎる数学 - 「数楽アート」を生んだ日本の底力 (中公新書ラクレ)感想
若い頃ならもっと感動して読んだだろうけど、年を取ると、もう そういう感動が…。黄金比は、知ってたけど、白銀比は、知らなかったというか 覚えがない。
読了日:1月23日 著者:桜井進,大橋製作所
騎士(シヴァルリ)の息子 上 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)騎士(シヴァルリ)の息子 上 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)感想
面白い!結構長い シリーズものらしいので 期待。古い文庫本で 読んだので、字間が、狭くて 読み辛かったが、そんなことは、あっという間に、消えるほど面白くて下巻に突入だよ。
読了日:1月26日 著者:ロビン・ホブ
騎士(シヴァルリ)の息子 下 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)騎士(シヴァルリ)の息子 下 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)感想
面白い!もっと早く読みたかったな。三部作らしいから 次を借りてこなくちゃ。。
読了日:1月30日 著者:ロビン・ホブ
下剋上受験-両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!下剋上受験-両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!感想
親の愛情?中学受験は 差はあっても 親も一緒に 頑張らなくては だね。
読了日:1月30日 著者:桜井信一
キッドキッド感想
サクサク 読めて 面白かった。めっちゃ、都合がいいけどね。ま、麒一君、大したもんだ。
読了日:1月31日 著者:木内一裕

読書メーター

スポンサーサイト

2017.04.01 Saturday | by スポンサードリンク

Trackback URL
Trackback
Others
Sponsored links
最近読んだ本
 最近読んだ本
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM