<< 2016年3月の読書メーター | main | 2016年5月の読書 >>

2016年4月の読書メーター

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:3748ページ
ナイス数:399ナイス

YuYuのずっと大切だったことYuYuのずっと大切だったこと感想
何がよかったかと言えば、写真。こんなこと言っては何だけれど、文章とは関係ないのに、どの写真もすごく素敵。エッセイは 平凡なのに、写真のおかげで、相乗効果なのかな? センスよく見えちゃう。
読了日:4月2日 著者:王由由,安東紀夫
戦後リベラルの終焉 なぜ左翼は社会を変えられなかったのか (PHP新書)戦後リベラルの終焉 なぜ左翼は社会を変えられなかったのか (PHP新書)感想
腑に落ちることも多く、面白かった。特に、「リスク」の話は 納得できる。
読了日:4月4日 著者:池田信夫
ラブコメ今昔 (角川文庫)ラブコメ今昔 (角川文庫)感想
短編集。有川浩らしい。
読了日:4月7日 著者:有川浩
探偵の探偵4 (講談社文庫)探偵の探偵4 (講談社文庫)感想
ドラマ終了後の紗崎伶奈の話ね。最初から スピード感あるわ。面白かった。
読了日:4月8日 著者:松岡圭祐
わたしのマトカわたしのマトカ感想
「かもめ食堂」は、見てたので、ああ、あの時の話なのかと。北欧は、なかなか想像のつきにくい地域だと思う。この本で なんとなく あの地域の雰囲気が わかったような気になった。なかなか 面白かった。
読了日:4月9日 著者:片桐はいり
三人寄れば、物語のことを三人寄れば、物語のことを感想
三人がほぼ同年代で 友人同士だとは 知らなかった。なかなか面白い?興味深い対談集だった。まだ読んでない 三人の作品が たくさんあるので 読みたいと思った。
読了日:4月10日 著者:上橋菜穂子,荻原規子,佐藤多佳子
韓国人による震韓論 (扶桑社新書)韓国人による震韓論 (扶桑社新書)感想
こんな風な国なのかと思うと、どうやっても、救われないし、なんだか、悲しくなる。
読了日:4月11日 著者:シンシアリー
モナドの領域モナドの領域感想
そうよね、そうよね。筒井康隆って こんなお話を 描く人だったわよね。で、これで最後なの?
読了日:4月16日 著者:筒井康隆
地を這う捜査: 「読楽」警察小説アンソロジー (徳間文庫)地を這う捜査: 「読楽」警察小説アンソロジー (徳間文庫)感想
初読みの作家さんが多かった。日明恩さんの作品が ほんわかしていて 好きだな。後 佐藤青南さん、はじめて読む作家さんだが、この作品も よかったわ。
読了日:4月16日 著者:
やっぱり、かんたん が おいしい!: スーパー主婦・足立さんのお役立ちレシピやっぱり、かんたん が おいしい!: スーパー主婦・足立さんのお役立ちレシピ感想
同じようでも、自分とは ちょっと違うやり方なので やってみることに。
読了日:4月21日 著者:足立洋子
BAR追分 (ハルキ文庫)BAR追分 (ハルキ文庫)感想
おお、こんなところに猫が…^^
読了日:4月22日 著者:伊吹有喜
暮らし上手の賢いキッチン (エイムック 2992)暮らし上手の賢いキッチン (エイムック 2992)感想
フムフム。使いやすい台所を 目指すヒントになるわ。
読了日:4月22日 著者:
虚ろな十字架虚ろな十字架感想
仁科クンは 結構自分勝手な気がする。ま、描かれた彼の家族が あれだからな。まるで 韓国ドラマのような展開だし。しかし、もう一方の中原氏の方の家族関係は、納得できる。
読了日:4月23日 著者:東野圭吾
カツ代が聞く、九十一歳現役台所 (にこにこブックス)カツ代が聞く、九十一歳現役台所 (にこにこブックス)感想
「秋山祐徳太子の母」を読んで読もうと思った本。読んでよかったな。
読了日:4月23日 著者:小林カツ代,秋山千代
147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官感想
なかなか面白かった。シリーズなのね。読まなくっちゃ。
読了日:4月29日 著者:川瀬七緒
あなたが愛した記憶あなたが愛した記憶感想
ふーん。なんだかなぁ。
読了日:4月30日 著者:誉田哲也

読書メーター

- - 09:29 - - - trackbacks(0) -

スポンサーサイト

- - 09:29 - - - - -

Trackback URL

http://yamabousi81.jugem.jp/trackback/2021

Trackback