QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2016年8月の読書メーター

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:36冊
読んだページ数:8706ページ
ナイス数:1061ナイス

ラプラスの魔女ラプラスの魔女感想
ラプラスって いつごろ知ったんだっけ。やっぱ ラプラス変換 かなぁ。
読了日:8月1日 著者:東野圭吾
見てわかる、「断捨離」 (マガジンハウスムック)見てわかる、「断捨離」 (マガジンハウスムック)感想
時々 こういう本で 刺激が欲しいのだよ。しかし 大分 耐性が できてしまったようだ。
読了日:8月2日 著者:
帰ってきたヒトラー 上帰ってきたヒトラー 上感想
いったい どういう風に 収束するのか…。
読了日:8月2日 著者:ティムールヴェルメシュ
硝子の太陽R-ルージュ硝子の太陽R-ルージュ感想
はい、サクサク読みました。嘘の作り話でも 警官が死ぬのは 嫌だな。
読了日:8月4日 著者:誉田哲也
花森安治のデザイン花森安治のデザイン感想
ああ、この表紙の絵には覚えがある!一世紀の後半は知ってるなぁ。阪神大地震を経験した時 持っていた雑誌を ドカンと捨てた。その中に暮らしの手帖がどっさりあったっけ。
読了日:8月4日 著者:
片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)感想
使っている物が あり合わせでないところが スッキリ見えるコツかなぁ。いずれにしても 美的感覚がよくないと 綺麗には見えないってことよね。
読了日:8月5日 著者:本多さおり
片付けたくなる部屋づくり 2 ~暮らしを愛する整理収納コンサルタントの衣・食・住65の習慣~ (美人開花シリーズ)片付けたくなる部屋づくり 2 ~暮らしを愛する整理収納コンサルタントの衣・食・住65の習慣~ (美人開花シリーズ)感想
1と2を並べて読みました。あ、なるほどここを 変えたんだ!とか処分したのかとよくわかった。持ち物を 処分していく過程が わかったという感じ。いずれにしても 持ちすぎないってことよね。
読了日:8月5日 著者:本多さおり
お料理のレッスン七十年―私の好きなレシピ選集お料理のレッスン七十年―私の好きなレシピ選集感想
「いきいき九十歳の生活術」を 書かれたの後での著書。これは これで なかなか 面白かった。後半は レシピ集。これもいい。早速 一品作ってみた。出来上がりは、結構 手が こんでるように 見えたヨ。
読了日:8月6日 著者:黒田初子
硝子の太陽N - ノワール硝子の太陽N - ノワール感想
R→Nで 読んだけど、まぁ この順番で よかった気がする。
読了日:8月8日 著者:誉田哲也
帰ってきたヒトラー 下帰ってきたヒトラー 下感想
アドルフ・ヒトラー 一人 悪者にしちゃったドイツ人。選んだのはドイツ国民じゃないかって 常々 思ってたんだよね。ある程度 演説も長けてないと 選ばれないから、こういう感じの人でも ちっとも おかしくないと思う。
読了日:8月9日 著者:ティムールヴェルメシュ
ザ・カルテル (上) (角川文庫)ザ・カルテル (上) (角川文庫)感想
まず、地名なのか、名称なのか、姓なのか、名なのか…。悪戦苦闘。登場人物多すぎ。後半で やっと 名前の一覧を 見ないで読める。いや 確かに北米人の麻薬問題が 一番の原因だネ。早く下が来ないかな。
読了日:8月13日 著者:ドン・ウィンズロウ
もっと知りたいパリの収納もっと知りたいパリの収納感想
パリってだけで、こじゃれた感はあるが、それほど、参考にならなかった。
読了日:8月14日 著者:本多さおり
緑衣のメトセラ緑衣のメトセラ感想
不破院長って 善意の人なのか、悪意の人なのか 最後までわからなかった。それに、桂医師も 中途半端だったなぁ。結局 最後が なんだかなぁ。
読了日:8月15日 著者:福田和代
べんり屋、寺岡の秋。 (文研じゅべにーる)べんり屋、寺岡の秋。 (文研じゅべにーる)感想
これもなかなかコージーだった。潮風プリン食べたい!
読了日:8月15日 著者:中山聖子
べんり屋、寺岡の冬。 (文研じゅべにーる)べんり屋、寺岡の冬。 (文研じゅべにーる)感想
親友 真帆ちゃんの話。小学生なのに しっかりしてるわ。って、お話なんやけどね。
読了日:8月16日 著者:中山聖子
べんり屋、寺岡の春。 (文研じゅべにーる)べんり屋、寺岡の春。 (文研じゅべにーる)感想
べんり屋シリーズ4作目。続けて読むと、第一作が 本当に よくできてたなと。なんだか 自分も 尾道に 住んでるような気に なるワ。
読了日:8月16日 著者:中山聖子
フランス人がときめいた日本の美術館フランス人がときめいた日本の美術館感想
うーん。日本に 観光できた外国人向けの本のようだ。(翻訳ものだし)それで 東京中心。京都の部分は、しっかりチェック。行ってないよ〜〜。かつて、学生時代 美術館巡りが 趣味だったが、こんなに 多くはなかったものねぇ。
読了日:8月17日 著者:ソフィーリチャード
向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)感想
やっぱ 買おうかなぁ。こういう ちゃちゃっと できる料理は いいわ。
読了日:8月17日 著者:向田和子
まいにちのマリネレシピ ~おかず、常備菜、ごちそうに~まいにちのマリネレシピ ~おかず、常備菜、ごちそうに~感想
私は、マリネは 好きだけど、家族は スッパイもの 嫌いだからなぁ。
読了日:8月17日 著者:堤人美
60歳からの笑顔で暮らせる片づけ術: ラク・安心・心地いい住まいの仕組みづくり60歳からの笑顔で暮らせる片づけ術: ラク・安心・心地いい住まいの仕組みづくり感想
この手の本は、何か一つでも 参考になることが あれば、よし。ということで、なかなか わかりやすい、お片付けの考え方の本だった。
読了日:8月17日 著者:橋本麻紀
無私の日本人無私の日本人感想
フィクションなのか ノンフィクションなのか。ともかく 読んでよかった。これ、映画化されたのね。
読了日:8月17日 著者:磯田道史
とりかえばや物語 (文春文庫 た 3-51)とりかえばや物語 (文春文庫 た 3-51)感想
なんちゅう話なんや。いやはや 韓流ドラマも 真っ青。これ 古典なのね。しらんかったわ。面白いのは 田辺聖子訳だからなのかしらん。
読了日:8月18日 著者:田辺聖子
誰も教えてくれなかった『源氏物語』本当の面白さ (小学館101新書)誰も教えてくれなかった『源氏物語』本当の面白さ (小学館101新書)感想
こういうのを読むと、『源氏物語』を 読みたくなる。まだ 全部は 読んでなかった。あれ、誰の現代訳を 読んだんだっけ。マンガじゃなかったのは 確か。
読了日:8月18日 著者:林真理子,山本淳子
新聞・テレビは「データ」でウソをつく新聞・テレビは「データ」でウソをつく感想
ガル〜。騙されてたなぁ。確かに、理系でない 文系記者が 理系の記事を 書く時 検証もしないで 書くんだろう。都合いいことに向かってセンセーショナルに 書くんだろうなぁ。それを 信じてしまう購読者。いや〜 教科書まで 検証していないことが はびこってたら それは、やばいな。
読了日:8月20日 著者:武田邦彦
不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か感想
『嘘つきアーニャ…』が面白かったので借りたが、こちらは、通訳の時代もちょっと古くて、今一つだった。もっと昔に読んでたら(彼女がまだ生きてる頃)、面白かったんだろうな。
読了日:8月21日 著者:米原万里
心臓に毛が生えている理由(わけ)心臓に毛が生えている理由(わけ)感想
『嘘つきアーニャ…』の続きもあったりして 「不実な美女…」よりこっちの方が面白く読めた。
読了日:8月22日 著者:米原万里
女性画家 10の叫び (岩波ジュニア新書)女性画家 10の叫び (岩波ジュニア新書)感想
ジュニア選書。知らなかったことが どんどん出てくる。へぇの連続だ。ただ、やはり 作品を 少しは 載せてほしかった。
読了日:8月24日 著者:堀尾真紀子
だれもが知ってる小さな国だれもが知ってる小さな国感想
あら残念。元の話 佐藤さとるの「コロボックル物語」を、読んでないわ。いぬいとみこの「木かげの家の小人たち」は 読んだことあるんだけどね。それでも、うまく コロボックル物語の続きのお話が 書けるよね。「コロボックル物語」を読みたくなるわ。
読了日:8月25日 著者:有川浩,村上勉
ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)感想
なかなか 面白かった。風水を 信じるわけじゃないけれど、これは なんか 片付ける動機を 与えてくれる。読みながら たまらず、玄関のものを処分しに 走った私。貰いものを 処分できないで困ってたけど 踏ん切りがついたわ。
読了日:8月26日 著者:カレン・キングストン
深読みフェルメール (朝日新書)深読みフェルメール (朝日新書)感想
対談なので読みやすく、サクサクでした。
読了日:8月26日 著者:朽木ゆり子,福岡伸一
少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界感想
新聞の書評かなにかで ちょっと気になった本。見覚えのある表紙。おそらく 画家のタッチであって 読んでないのだろう。いや、読んだかも。装丁に 覚えのある本が…。少年少女と銘打っても 少年中心だわ。それでも 読んだ気がして、なつかしい。それにしても こんな人たちが 書いてたのかと驚く 豪華なラインアップだよ。
読了日:8月26日 著者:森英俊,野村宏平
これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条感想
ま、人それぞれね。鉄瓶は 欲しいなぁ。
読了日:8月27日 著者:小川糸
ばけもの好む中将 四 踊る大菩薩寺院 (集英社文庫)ばけもの好む中将 四 踊る大菩薩寺院 (集英社文庫)感想
益々 面白く感じるのは、登場人物のことが すっかり 把握できてきたせい?次が 待ち遠しいわ。
読了日:8月27日 著者:瀬川貴次
日本人に生まれて良かった日本人に生まれて良かった感想
この年になって 初めて「十七条憲法」や「五箇条の御誓文」を 読んだ気がする。全く アメリカの戦略は 大成功だったね。こんなにも 教育を うまく利用したのだから。これからの日本の義務教育を どう立て直していけばいいのか。
読了日:8月28日 著者:櫻井よしこ
英語版で読む 日本人の知らない日本国憲法英語版で読む 日本人の知らない日本国憲法感想
『公共の福祉』「all」と「every」の違い。違う言葉なんやから、どこか無理があるっていうのはわかるけれど、それにしても、知らんことばっかり。憲法学は とってなかったから 初めて 憲法を 読んだかも(日本語で)。英語解説は いい加減に 読んで、すっ飛ばしたけど、それなりに 興味深かった。
読了日:8月29日 著者:畠山雄二
ぼくの名はチェット (名犬チェットと探偵バーニー1) (名犬チェットと探偵バーニー 1)ぼくの名はチェット (名犬チェットと探偵バーニー1) (名犬チェットと探偵バーニー 1)感想
語り手が 犬のチェット。ハラハラ ドキドキ。面白かった〜。犬好きならもっと 楽しめるかも。
読了日:8月31日 著者:スペンサー・クイン

読書メーター

| - | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
この記事のトラックバック
http://yamabousi81.jugem.jp/trackback/2026

紅子さんの読書メーター
  • Admin
  • RSS1.0 / Atom0.3
  • Material by ふわふわ。り
  • Template by Y*Rare

  • Powered by JUGEM