<< 7月の読書メーター | main | 9月の読書メーター >>

2017年8月の読書メーター

8月の読書メーター
読んだ本の数:40
読んだページ数:8462
ナイス数:1162

歌舞伎に行こう! 手とり足とり、初めから歌舞伎に行こう! 手とり足とり、初めから感想
藤井クンがタイトルを 取るのは 生きているうちに 見れるかもしれないが、勸玄ちゃんの海老蔵襲名は 生きてるうちに見れるだろうかと 思いつつ読んだ。
読了日:08月02日 著者:船曳 建夫
東京會舘とわたし(上)旧館東京會舘とわたし(上)旧館感想
ノンフィクションかフィクションなのか わからないけど、面白かった。
読了日:08月03日 著者:辻村深月
中野京子と読み解く 運命の絵中野京子と読み解く 運命の絵感想
電車で読んでたら、小学生くらいの男の子が表紙をまじまじと見ていた。しまった!カバーをかけてたらよかった。
読了日:08月06日 著者:中野 京子
ほんとうに整えたいのは自分自身 手にするもの しないもの 残すもの 残さないものほんとうに整えたいのは自分自身 手にするもの しないもの 残すもの 残さないもの感想
この手の本でいいのは、自分のスタイルじゃないなと思って読んでも 結局 自分自身のスタイルを 見つめることだと思う。「整える」と「もったいない」を 秤にかけたら まだまだ「もったいない」に 重きを 置く私。だから なかなか、捨てられんわ。
読了日:08月06日 著者:広瀬 裕子
STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~感想
「捏造の科学者」「あの日」と 続いてこれを 読む。う〜〜ん。すぐ 感化されちゃうからなぁ。どうも 小保さん寄りになって、彼女が 気の毒で仕方ない。マスコミの横暴に、胸が痛くなる。知っていて、伝えない権利って 何なんだよ。決して 公正なわけ じゃないんだよねぇ。一般人は、どこで 判断したらいいんだい?STAP早く見つかれ!
読了日:08月08日 著者:渋谷 一郎
大人のおしゃれ手帖 2017年 9 月号大人のおしゃれ手帖 2017年 9 月号感想
買っちまったよう。最近 歳のせいで、爪が弱くなった。かかりつけの医者に マニキュアを塗るのも一つの手だと。今更新しい、マニキュアを買うまでにはいかないしなぁ ということで。
読了日:08月09日 著者:
真贋真贋感想
警察もので、窃盗や詐欺の方の話なので、死人が出ないし、こういうの いいわ。これシリーズものなのね。『確証』借りなくちゃ。
読了日:08月10日 著者:今野 敏
パードレはそこにいる (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)パードレはそこにいる (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
イタリアの小説は初めてかも。さぁ下を借りなくちゃ。
読了日:08月10日 著者:サンドローネ ダツィエーリ,Sandrone Dazieri
終わらない夜終わらない夜感想
絵が あってストーリーを 付けたっていうのが すごいわ。ちょっと不気味な絵のような気もするけど。それはそれで。
読了日:08月11日 著者:セーラ・L. トムソン
段取りのコツ教えます 料理教室のスペシャルレッスン段取りのコツ教えます 料理教室のスペシャルレッスン感想
料理の段取りは 今更 という感じだけど、主菜、副菜、汁物 の献立は 参考になる。
読了日:08月11日 著者:石原洋子
たっぷりごはんとシンプルおかず おなかやせ定食たっぷりごはんとシンプルおかず おなかやせ定食感想
ウ〜ん、こうやって、定食の形で見ちゃうと我が家って、作りすぎっちゅうか、副菜多すぎかも。もっとシンプルでいいんだ。
読了日:08月11日 著者:柏原 ゆきよ,柴田 真希
([お]7-8)真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)([お]7-8)真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)感想
シリーズ物が続くと あの古本屋も そうだけど このパン屋も すごい展開だわ。
読了日:08月12日 著者:大沼 紀子
大直言大直言感想
そうだ そうだと 思いつつ読了。テレビは 結構フェイクニュースが多い。さてそれは ネットを 見ない人は どこで判断するのか。
読了日:08月13日 著者:青山 繁晴,百田 尚樹
家族が居心地のいい暮らし家族が居心地のいい暮らし感想
題名で借りちゃだめだね。写真もないし、私にとっては、参考にするところもなく、流し読み。
読了日:08月14日 著者:後藤由紀子
宮辻薬東宮宮辻薬東宮感想
ホラー・アンソロジー。宮部作品が やっぱ、怖いわ。
読了日:08月14日 著者:宮部 みゆき,辻村 深月,薬丸 岳,東山 彰良,宮内 悠介
石の卵 (たくさんのふしぎ傑作集)石の卵 (たくさんのふしぎ傑作集)感想
図書館のおすすめ本。書庫本を 待ってる間に 読んだが、すごい。こんな石が あることを 知らなかった。一つ欲しいわ。
読了日:08月14日 著者:山田 英春
覗くモーテル 観察日誌覗くモーテル 観察日誌感想
新聞書評で読もうと思った本。途中から あきてしまった。まず ノンフィクションらしいが 本当に、のぞき見をしていたらしい、フーズは 信用できるのか 疑問に思ったことと、今一つだったことで 1/3くらいから流し読み。アメリカだなと思ったのは ベトナムからの傷病兵の話や、ベトナム戦の未亡人の話。
読了日:08月15日 著者:ゲイ タリーズ
幹事のアッコちゃん幹事のアッコちゃん感想
アッコちゃんって、四苦八苦してるかと思いきや、グローバルに 活躍っていうのも 面白い。
読了日:08月15日 著者:柚木 麻子
奥様はクレイジーフルーツ奥様はクレイジーフルーツ感想
短編連作。種まかなきゃ 実らねぇ。しかも 時期って ものがあるわ。子供を産むって、女性は年取ればとるほど 難しくなると思う。この旦那、本当に子供欲しいのかしら。
読了日:08月16日 著者:柚木 麻子
東京會舘とわたし(下)新館東京會舘とわたし(下)新館感想
なかなか面白い構成だった。東京近郊に住んでない者としては、なんだか羨ましすぎるわ。
読了日:08月16日 著者:辻村深月
タニアの大切なものと長くつきあう暮らしタニアの大切なものと長くつきあう暮らし感想
はじめて読んだ本だけど、今まで読んだこの人の著書と、同じようなことが書いてあるきがする。それでもいい雰囲気に包まれるワ。
読了日:08月17日 著者:門倉 多仁亜
島田順子おしゃれライフスタイル Shimada Junko Style島田順子おしゃれライフスタイル Shimada Junko Style感想
年を感じさせないちゅうか、やっぱ、すごいわ。
読了日:08月17日 著者:
月の満ち欠け月の満ち欠け感想
不思議な世界に 連れて行ってもらったけど、男の書く世界だよね。逆バージョンだと、どうするんだ?
読了日:08月18日 著者:佐藤 正午
図書室で暮らしたい図書室で暮らしたい感想
エッセイだった。この人山梨出身なのか。千葉かと思ってた。
読了日:08月18日 著者:辻村 深月
使いやすい台所道具には理由がある: 数多くの道具を試してきたプロがすすめる逸品!使いやすい台所道具には理由がある: 数多くの道具を試してきたプロがすすめる逸品!感想
見れば見るほど欲しくなる道具たち。料理レシピもついてるけど、道具だけで 十分に面白い本だと思う。若い時に見てたら、参考にしてたのになぁ。もう道具は 増やしたくない。残念。
読了日:08月18日 著者:野口 英世
それマナー違反ですよ! ~誰も教えてくれない、本当に恥ずかしい一挙一動それマナー違反ですよ! ~誰も教えてくれない、本当に恥ずかしい一挙一動感想
知ってるわ、ということばかり〜〜ということは それだけ私が 年をとったってことね。
読了日:08月19日 著者: 
前菜食堂前菜食堂感想
残念ながら、食指が動かない、
読了日:08月19日 著者:サルボ 恭子
臨書の疑問100 (墨ハンドブック)臨書の疑問100 (墨ハンドブック)感想
知らんことばかり。筆の選び方参考にしたい。
読了日:08月24日 著者:
捨てきらなくてもいいじゃない?捨てきらなくてもいいじゃない?感想
はじめて であった作家さん。私は マクワウリを 知ってる世代だ。プリンスメロンが 出始めたのが、1963年なのかぁ〜。この人 結構若いのに わかるよ わかる その感じ。うんうん そうだなぁと 読んだ。
読了日:08月24日 著者:岸本 葉子
アンソロジー ビールアンソロジー ビール感想
取りあえずビール!と言いたくなるような本。面白かったのは 星新一の「ビール」。泣きそうになったのは、吉田直哉の「ネパールのビール」夏に読むにはちょうどいいかもしれない。
読了日:08月25日 著者:東海林さだお,川上弘美,阿川佐和子,山口瞳,吉田健一,川本三郎,恩田陸,平松洋子,久住昌之,角田光代,辰巳浜子,室井佑月,北大路公子,赤塚不二夫,内田百けん,大竹聡,椎名誠,村松友視,阿川弘之,伊藤晴雨,坂口謹一郎,星新一,小泉武夫,森茉莉,種村季弘,岩城宏之,開高健,千野栄一,小沼丹,田中小実昌,吉田直哉,立松和平,石堂淑朗,丸山健二,永井龍男,矢口純,佐多稲子,獅子文六,遠藤周作,吉村昭,長田弘
「カエルの楽園」が地獄と化す日「カエルの楽園」が地獄と化す日感想
フェイクニュースや、印象操作に マスコミは加担していると思う。報道しない自由って 何だ。読んでいて つらくなる。しかし 頭が、お花畑の人にはぜひとも読んでもらいたいが、百田・石平というだけで手に取らないかもなぁ。
読了日:08月25日 著者:百田尚樹,石平
小さなことの積み重ね 98歳現役医師の“元気に長生き"の秘訣小さなことの積み重ね 98歳現役医師の“元気に長生き"の秘訣感想
大きな文字なので あっという間に 読了。この高橋さんは、私のお習字の先生の友人(助産婦さん)が、青島で ご一緒していたそうで、まさに 友達の友達は 友達のような 親近感。元気なご高齢の方の本は 勇気をもらえる。
読了日:08月25日 著者:高橋 幸枝
日本覚醒日本覚醒感想
百田・石平対談の本の後で読んでよかった。まだまだ 日本も 頑張れば 何とか切り抜けられるかもと、なんかほっとする。しかし、プレスコード19というのは 驚く。バリバリ 引っかかるじゃん。
読了日:08月26日 著者:ケント・ギルバート
おひるねじかんにまたどうぞ (えほんらんど 1)おひるねじかんにまたどうぞ (えほんらんど 1)感想
ホウ、こんな絵本か。息子たちの子供の頃にはなかった本だな。
読了日:08月26日 著者:武鹿 悦子
グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)感想
笑えるのは、朝日新聞出版なのに、ドットさんが、日本に核武装を勧めてる。日本は 極東でなく極西 って。なるほどそうみるのか。
読了日:08月27日 著者:エマニュエル・トッド
秋山善吉工務店秋山善吉工務店感想
いい じいちゃん だった。
読了日:08月28日 著者:中山 七里
慈雨慈雨感想
なんだかテレビドラマにもなりそうな話の持っていき方だ。
読了日:08月29日 著者:柚月 裕子
哲学的な何か、あと数学とか哲学的な何か、あと数学とか感想
ああ、面白かった!久しぶりに横書きの本を読んだような気がする。フェルマーの最終問題にまつわる、数学史のような本だった。
読了日:08月31日 著者:飲茶
哲学的な何か、あと科学とか哲学的な何か、あと科学とか感想
〜数学〜の方が面白かったなぁ。
読了日:08月31日 著者:飲茶
ちっちゃインコと親指オウムのあみぐるみ: かぎ針で編むミニサイズのぬいぐるみちっちゃインコと親指オウムのあみぐるみ: かぎ針で編むミニサイズのぬいぐるみ感想
直ぐにできそうなんだけどなぁ。
読了日:08月31日 著者:小鳥山 いん子

読書メーター

- - 16:39 - - - trackbacks(0) -

スポンサーサイト

- - 16:39 - - - - -

Trackback URL

http://yamabousi81.jugem.jp/trackback/2038

Trackback