<< 11月の読書 | main | 2018年1月の読書メーター >>

12月の読書メーター

12月の読書メーター
読んだ本の数:22
読んだページ数:5351
ナイス数:829

蜜蜂と遠雷蜜蜂と遠雷感想
よくこういうテーマで 小説が書けるものだと、感心。すごいわ。
読了日:12月01日 著者:恩田 陸
フセンと手帳で今度こそ、家が片づくフセンと手帳で今度こそ、家が片づく感想
目に 見える形で 実行するってことね。付箋が たまってるし 付箋を 使うことで 付箋減らしもできそう。 大掃除の時期だし 試してみるかな。
読了日:12月02日 著者:須藤ゆみ
増山超能力師大戦争増山超能力師大戦争感想
この世界に入り込むのに えらく時間がかかった。最後のほうでやっと、これ 続きそうなのね、気になるわって感じ。
読了日:12月03日 著者:誉田 哲也
かしこい暮らしの作り方 (エイムック 3555)かしこい暮らしの作り方 (エイムック 3555)感想
レシピのみ参考に。
読了日:12月07日 著者:
心がラクになる ドイツのシンプル家事心がラクになる ドイツのシンプル家事感想
あまり参考にはならず。題名でだまされたかな。期待しすぎた。
読了日:12月07日 著者:久保田由希
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)感想
一応シリーズは 終わりなのかな?いやぁ、面白かったです。本のことで、知らないことばかりでした。
読了日:12月10日 著者:三上 延
今こそ、韓国に謝ろう今こそ、韓国に謝ろう感想
う〜ん。もし韓国で この本が 出版されたら、即刻、発禁だな。
読了日:12月10日 著者:百田尚樹
ゆとりが生まれる収納革命 (王様文庫 B 195-1)ゆとりが生まれる収納革命 (王様文庫 B 195-1)感想
あんまりいろんな本を 読んでるからか、この人のやり方を、書かれても、はいそうですか とは 言えない。やっぱり 自分のやり方ってものが あるよね。
読了日:12月11日 著者:飯田 久恵
火花 (文春文庫)火花 (文春文庫)感想
文体に慣れるまで ちょっと とっつきにくかったが のめり込んだら一気だった。フーン、又吉君はこんな文章を書くのか。
読了日:12月13日 著者:又吉 直樹
恋愛仮免中 (文春文庫)恋愛仮免中 (文春文庫)感想
最近涙もろくなってるのか、萩原浩氏の話は、泣けちゃった。
読了日:12月15日 著者:奥田 英朗,窪 美澄,荻原 浩,原田 マハ,中江 有里
政治的に正しい警察小説 (小学館文庫)政治的に正しい警察小説 (小学館文庫)感想
短編集。どれもかなり、ブラックだった。
読了日:12月16日 著者:葉真中 顕
行正り香の暮らしメモ100行正り香の暮らしメモ100感想
写真はきれいだった。私には、あまり参考にならず。
読了日:12月16日 著者:行正 り香
ああ面白かったと言って死にたい―佐藤愛子の箴言集ああ面白かったと言って死にたい―佐藤愛子の箴言集
読了日:12月17日 著者:佐藤 愛子
三鬼 三島屋変調百物語四之続三鬼 三島屋変調百物語四之続感想
分厚くても一気だわ。面白かった。
読了日:12月18日 著者:宮部 みゆき
青の数学 (新潮文庫nex)青の数学 (新潮文庫nex)感想
作者は、数学好きなのかなぁ。あんまり そんな風には 思えなかった。興味は あるが、そこまでのような気がする。だって、主人公が数学を、楽しんでいないように思える。
読了日:12月22日 著者:王城 夕紀
日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)感想
買っちまった。そうか、フェルメールは 来年じゃなかったんだ。
読了日:12月23日 著者:
藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)藤井聡太 天才はいかに生まれたか (NHK出版新書 532)感想
にわか将棋ファンの私。彼の活躍はやっぱすごいわ。
読了日:12月24日 著者:松本 博文
天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃感想
日本将棋連盟の本なので、棋譜と写真が中心。「藤井聡太天才はいかにうまれたか」を 読んでから こちらを読んだので、雰囲気が よくつかめた。棋譜は さっぱりなので、本人や対戦者のコメントを拾い読み。やはり 聡太君はすごい。
読了日:12月25日 著者:
天才ハッカー安部響子と五分間の相棒 (集英社文庫)天才ハッカー安部響子と五分間の相棒 (集英社文庫)感想
今時よね。主人公たちも かわいいし、スリルも あったし、面白かった。
読了日:12月27日 著者:一田 和樹
otona MUSE(オトナミューズ) 2018年 2 月号otona MUSE(オトナミューズ) 2018年 2 月号感想
dean&delucaのバッグの付録目当てで、買ってしまった。出来がいいわ。
読了日:12月27日 著者:
猫ミス! (中公文庫)猫ミス! (中公文庫)感想
猫に関連するアンソロジー。初読みの芹沢央さん、菅野雪虫さんの話が 良かった。
読了日:12月28日 著者:新井 素子,秋吉 理香子,芦沢 央,小松 エメル,恒川 光太郎,菅野 雪虫,長岡 弘樹,そにしけんじ
歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)感想
面白かった〜〜〜!!磯田さんの本は 面白くためになるわ〜。
読了日:12月30日 著者:磯田 道史

読書メーター

読了本 - 09:14 - - - trackbacks(0) -

スポンサーサイト

- - 09:14 - - - - -

Trackback URL

http://yamabousi81.jugem.jp/trackback/2041

Trackback