壹萬壹阡壹之本

QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[ - ]
12月の読書メーター
読んだ本の数:25
読んだページ数:6589
ナイス数:618

言ってはいけない中国の真実 (新潮文庫)言ってはいけない中国の真実 (新潮文庫)感想
なるほど、そういうことかと 納得できることが多かった。しかし、国としては、どう付き合っていけばいいのか 飲み込まれないようにしなければ。ゴーストタウン化している高層ビルの写真は びっくり。
読了日:12月03日 著者:橘 玲
売国議員売国議員感想
なんとなく知ってたことが 確実な証拠とともに 暴露って感じ。それにしても 革マルやらなんやら 名前を変え 姿を変え 身近にいることの怖さよ。
読了日:12月03日 著者:カミカゼじゃあのwww
君の話君の話感想
面白かったよ。不思議な世界に連れて行ってもらえた。またこの人の本を読んでみたい。
読了日:12月04日 著者:三秋 縋
歪んだ波紋歪んだ波紋感想
短編連作。で、桐野は 何が 望みなの?
読了日:12月05日 著者:塩田 武士
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士の娘II」本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士の娘II」感想
続きが気になるのよね。
読了日:12月06日 著者:香月美夜
モミの木モミの木感想
絵本なんだけど大人向き。かっこいいデザイン。なるほど、児童書ではなく一般の棚にあるわけだ。
読了日:12月08日 著者:ハンス・クリスチャン アンデルセン
パパ、お月さまとって!パパ、お月さまとって!感想
さすが エリック様 って感じかな。
読了日:12月08日 著者:エリック カール
にちよういち (童心社の絵本)にちよういち (童心社の絵本)感想
土佐弁がいい。もう 日曜市のその場にいるようだ。
読了日:12月08日 著者:西村 繁男
烏百花 蛍の章 八咫烏外伝烏百花 蛍の章 八咫烏外伝感想
短編集。本編を読んだのが随分前なので、思い出すのに時間がかかったが、あの世界にまたどっぷり。初出を見て。オール読物に 掲載されてたのか。なんかびっくり。
読了日:12月09日 著者:阿部 智里
愚者の毒 (祥伝社文庫)愚者の毒 (祥伝社文庫)感想
うう、そうなのか。なるほどな。それにしても長かったわ。
読了日:12月12日 著者:宇佐美 まこと
本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第一部「兵士の娘掘本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第一部「兵士の娘掘感想
はまったかも。
読了日:12月14日 著者:香月美夜
こいしいたべもの (文春文庫)こいしいたべもの (文春文庫)感想
生まれた年代が似ていると みるもの 感じるもの が 同じなのかもしれない。
読了日:12月14日 著者:森下 典子
青空と逃げる (単行本)青空と逃げる (単行本)感想
サスペンスの連続ドラマみたいで、面白かったんだけど、小学生の子供を ほとんど一年近く学校にも行かせずに 逃げ回るほどのことだったのか?と 疑問に 思えてしまった。まぁ子供がいることでこの母は、強くなったのかもしれないけれど。
読了日:12月16日 著者:辻村 深月
予約一名、角野卓造でございます。【京都編】予約一名、角野卓造でございます。【京都編】感想
行ったことのある店は、一軒 いや二軒 だけだった。まぁ居酒屋だからか。行くことないかな。タンタンの店は行ってみたいけどな。
読了日:12月17日 著者:角野卓造
変見自在 トランプ、ウソつかない変見自在 トランプ、ウソつかない感想
なんだかなぁ。薄々知ってはいたが、こう はっきり書かれたら 日本は どうなっていくのかと 心が痛む。いまだに周りの人は 朝日をとってる。彼らは 気が付いているのだろうか。こういうのを読んだらきっと新聞の読み方もちょっとは変わるだろうけど、聞く耳持たないよな。
読了日:12月18日 著者:盪 正之
Aではない君と (講談社文庫)Aではない君と (講談社文庫)感想
面白く一気読みだった。ただ、題名からして主人公は、弁護士とか 警察とか と思っていたら違っていた。 主人公は 父親だよね。出てくる女は というか 父親にかかわった女って なんかつまらん女ばかりの気がするワ。申し訳程度に 味方の女性弁護士は出てくるけどサ。
読了日:12月18日 著者:薬丸 岳
サイモンは、ねこである。サイモンは、ねこである。感想
みんな、猫ちゃんだよねぇ。
読了日:12月20日 著者:ガリア バーンスタイン
国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 (文春新書)国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 (文春新書)感想
確かに「自衛隊失格」より 具体的だわ。
読了日:12月20日 著者:伊藤 祐靖
闇に香る嘘 (講談社文庫)闇に香る嘘 (講談社文庫)感想
え〜〜〜、そうくるか!すっかり騙されてしまったわ。
読了日:12月21日 著者:下村 敦史
【早期購入特典あり】書いて叶える、スッキリ暮らし わたしの「ノート&手帳」ルール (わたしのルール)【早期購入特典あり】書いて叶える、スッキリ暮らし わたしの「ノート&手帳」ルール (わたしのルール)感想
なるほどなぁ。見た目に楽しくするのはこうするのね。
読了日:12月21日 著者:
永田町アホばか列伝永田町アホばか列伝感想
一年も たっちゃうと情報が 古い古い。しかし、あれから 永田町が、どう変化したのか よくわかるので、そういう意味では 今読んでも面白い。
読了日:12月22日 著者:足立 康史
さよならの夜食カフェ-マカン・マラン おしまい (単行本)さよならの夜食カフェ-マカン・マラン おしまい (単行本)感想
シリーズが4で おしまいは 残念。でも 最後だ と シャールが 死んじゃうのではと 読みながら すごく心配だった。違ってただけでも ほっとしたわ。また姿を 見せてほしい。
読了日:12月23日 著者:古内 一絵
闘う君の唄を (朝日文庫)闘う君の唄を (朝日文庫)感想
著者のほかの作品の登場人物がいるっていうのも この作品を引き立てるのかもね。
読了日:12月25日 著者:中山七里
高山正之が斬る 朝日新聞の魂胆を見破る法高山正之が斬る 朝日新聞の魂胆を見破る法感想
読んでいたら こんなにも、自分は、無知だったのかという気がしてなんか 情けなくなくる。
読了日:12月26日 著者:高山正之
人魚の眠る家人魚の眠る家感想
考えさせられる話だった。私は、臓器提供は したくないけど。
読了日:12月30日 著者:東野 圭吾

読書メーター
2019.01.01 Tuesday 10:02 | - | trackbacks(0) | 
<< 11月の読書メーター | main | 2019年1月の読書メーター >>
[ - ]
2019.03.01 Friday 10:02 | - | - |