<< 「異能の画家伊藤若冲 」狩野 博幸 | main | 「鹿島茂の書評大全 和物篇」鹿島 茂 >>

「夢の守り人」上橋 菜穂子

2008.04.02 Wednesday | by 管理人

「夢の守り人」上橋 菜穂子
309p偕成社

「守り人」シリーズ第3弾
人の世界とは 別の世界で花をつけ 実を結ぶ その“花”は、人の夢を必要としていた。
あちらの世界に取り込まれたものたちを救うために位階の足を踏み入れたタンダだったが、魂を奪われ、人鬼となりバルサたちの前に現れる。


引き込まれる世界は 古代中国とも見える。
ともかく、想像の世界は 東洋で、楽しめるわ。


スポンサーサイト

2017.04.01 Saturday | by スポンサードリンク

Trackback URL
Trackback
夢の守り人 上橋菜穂子
人の夢を糧とする異界の花に囚われ、人鬼と化したタンダ。女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。心の絆は花の魔力に打ち克てる...
  • 粋な提案
  • 2010/09/26 3:27 PM
Others
Sponsored links
最近読んだ本
 最近読んだ本
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM