壹萬壹阡壹之本

QUAE  SIT  SAPIENTIA  DISCE  LEGENDO
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[ 新書 ]
評価:
福岡 伸一
講談社
「生物と無生物のあいだ」福岡 伸一
285P 講談社
目次
ヨークアベニュー、66丁目、ニューヨーク
アンサング・ヒーロー
フォー・レター・ワード
シャルガフのパズル
サーファー・ゲッツ・ノーベルプライズ
ダークサイド・オブ・DNA
チャンスは、準備された心に降り立つ
原子が秩序を生み出すとき
動的平衡とは何か
タンパク質のかすかな口づけ
内部の内部は外部である
細胞膜のダイナミズム
膜にかたちを与えるもの
数・タイミング・ノックアウト
時間という名の解けない折り紙

生きているとは どういうことか 生物と無生物のあいだにはどのような違いがあるのか。
科学史的に、分子生物学が どのような発見を しつつ解明されて言ったかわかりやすく説明。

なかなか 読みやすかった。
2008.10.14 Tuesday 23:00 | - | trackbacks(0) | 
<< 「 新世界より 上 」貴志 祐介 | main | 「 新世界より 下 」貴志 祐介 >>
[ - ]
2019.08.01 Thursday 23:00 | - | - |